小鼻 クレンジング

小鼻の毛穴がきになるけど、なにをどうすればいいかわからない方は多いと思います。
毛穴で悩んでいる方は、クレンジング選びやスキンケアを参考してみてください。最小限のケアをすれば、毛穴に悩んでいる方も誰でもきれいになれる!ということがわかりました。
今回私がおすすめするクレンジングは「マナラホットクレンジングゲル」です。

 

オススメはマナラホットクレンジングゲル

マナラホットクレンジングゲルは芸能人も愛用していて、とても評判がいいクレンジングです。
毛穴が汚れがゴッソリ取れて、しかもダブル洗顔不要。洗い上がりも乾燥せずにしっとり。毛穴の汚れを取ってくれるのももちろんですが、エイジングケア・美白効果・ニキビ予防にも効果があります。
マナラホットクレンジングゲルを手に取ると、じんわり温かくなってきます。この効果で血行促進、毛穴の汚れを取ってくれます。
また、たっぷり美容成分が入っています。セラミド・ヒアルロン酸などのエイジングケアの成分、肌のくすみをなくして透明感の肌にしてくれるハイドロキノン誘導体も入っています!
そして無添加!敏感肌の方でも安心して使えるのです!
毛穴がきれいになるだけではなく、しっとりモチモチした肌を手にいれることもできちゃうのです。

 

マナラホットクレンジングゲルは「毛穴黒ずみをなくしたい人」「鼻・顎の角栓で悩んでいる人」「ニキビを治したい人」「めんどくさくて簡単にエイジングケアをしたい人」におすすめです。
今なら通常価格4,104円のところ初回価格2,990円で購入できます。内容量も200gとたっぷり!2ヶ月使えます!
また2本購入すると送料無料です。そして、メイク落とし・敏感肌用洗顔・オールインワン美容液各2回分のサンプルも付いてきます!!
45日間の返品返金保証もあるので、肌に合わなかった・効果がなかった方にも安心して使えるのです。

 

どうして毛穴が黒ずんでしまうのか?

間違ったクレンジングの仕方で使い続けると、毛穴に汚れが溜まってしまいいちご鼻に!!
よく聞きますが、「小鼻の黒ずみは皮脂が酸化」してなった。これは間違いです。酸化しても黒くはなりません。
実は抜けた産毛が原因なのです。黒い角栓をバラバラにしてみると、黒い産毛が何本も含まれています。これが黒ずみの原因と最近わかってきました。
毛穴方生えてきた毛が、ターンオーバで抜けたとしても、角栓が詰まって外に出られず、毛穴の中に埋まったままの状態になってしまうのです。何本も埋まってしまっていたら、角栓が大きくなり黒っぽく目立ってしまいます。

 

そして、規則正しい生活とクレンジンをするのが大切なのです!
皮脂分泌・ターンオーバーの乱れは偏った食事・運動・ストレス・間違ったスキンケアなどがあります。黒ずみの問題を解消しても、しっかり肌に潤いを与え、余分な皮脂が出ないようにケアをすることが大切です。
毎日の食生活・しっかり寝る・よく体を動かす・ストレス解消、これらも大事なことなのでスキンケアと一緒に取り入れてみてください。

 

また毛穴の黒ずみの原因は肌質や、スキンケアにより種類があります。以下の黒ずみの種類になります。

汚れ詰まり

ホコリや皮脂、以前からの角質、取り除きれなかった化粧などが毛穴にたまった状態で、ごわごわしているのが特徴となります。

毛穴広がり

カサカサ肌や潤いが不十分な肌に多いタイプです。肌が水分がなくなっていることで必要以上に皮脂が分泌され、毛穴が詰まり拡大してしまっており、影が発生してしまっている状況です。

オイリー

皮脂分泌が多い肌にありがちなタイプで、生成される皮脂の量と代謝サイクルのつり合いがとれていないことにより毛穴が詰まっていて汚くなってしまっている実態です。

メラニン

代謝サイクルの悪さや過剰なケア、強い陽射しなどの強いストレスなどによってメラニンが溜め込んでいる状態で、毛穴に汚れがいっぱいになっていないのに黒っぽくなって見えるのが特色になります。

 

毛穴黒ずみケア方法

汚れ詰まり

ファンデーションなどの化粧には油分が組み込まれているため、空気中のホコリや化学物質が吸着する傾向にあります。従って、メイクをした日は欠かさずクレンジングをするようにしてください。また、クレンジングが終わったらきちんとした洗顔をしてと潤いに気を付けることも重要です。

毛穴広がり

最も洗顔後の潤いを意識してするべきです。一見するとべたついて見える肌でも、実はカサつきにより必要以上に皮脂が分泌しているケースが多いです。洗顔後に丁寧に潤いを与えることによって、必要以上の皮脂の分泌を抑制することができます。また、バランスの良い運動や入浴で代謝サイクルを高めるのも効果的です。

オイリー

適正な洗顔と皮脂管理を意識した潤い持続で、必要以上の皮脂分泌を抑制しましょう。オイリーな肌の状態だからといって洗顔後の潤い持続をしないでいると、より更にの皮脂分泌が引き起こされることになります。脂肪分の高い食事や偏食を回避することで、カラダの内側から皮脂の分泌量も制御するようにしましょう。

メラニン

適した洗顔と潤いに加え、美白コスメなどで強い陽射しケアを十分にすべきことが大切です。肌にダメージを与えるとメラニン色素は増加してしまうので、お手入れの際には力を入れないで優しく行うようにしてください。ついでに、バランスの良い運動やピーリングで肌の代謝サイクルを良化し、メラニンの生成と蓄積を防御することも大事です。

 

小鼻の黒ずみ角栓を取り除く方法は?

角栓や黒くなった部分を取り除くには、まずは角栓に覆いかぶさっている不必要な角質を取り除きから、毛穴の深くに溜まった皮脂を溶かし排出することです。
おすすめの方法はクレンジングでラップのパックと泡洗顔です!

 

  1. 鼻全体にクレンジングを多めに塗ります。その上からラップを掛けます。
  2. 次に蒸しタオルをラップにかけた鼻に当てます。
  3. 大体3分待ちます。その間に洗顔料を泡立てておきます。
  4. ラップを剥がし、泡を鼻に押し当てるように洗顔しぬるま湯でしっかりすすいでください。
  5. 角栓が開いた状態なので、収縮作用のある化粧水等でしっかり潤いを与えてください。保湿しておけば、代謝サイクルが上がり角栓に詰まりにくくなります。

 

私個人のことですが、オイルやスクラブで試してみましたが効果がありませんでした。
パックをするならクレンジンを使ってやる方法が、一番汚れがゴッソリ取れました。肌荒れもしないのでおすすめです。
また、洗顔料は泡がしかり立つものが良いでしょう。カタチが崩れない泡のほうが汚れ落ちが良いです。
毛穴の汚れには粒子の洗顔が良いと聞きます。クレイ洗顔を使うとより効果的と言えるでしょう。 

 

絶対してはいけない危険な小鼻ケア

爪などで角栓を押し出す

誰もが一度はやったことがあると思います。爪などで押し出すと、まだ古くなっていない角栓や白っぽい角栓が出てきます。このときは、毛穴が綺麗になるのでされる方も多いでしょう。

 

しかしこれは絶対にやってはいけません!!

 

これは爪で皮ふを痛めつけているだけなのです。頭ごなしにやることで毛穴が大きくなってしまうわけです。一時的には綺麗なりますが、また皮脂が分泌され更に成長した毛穴に角栓が蓄積されてしまうのです。

 

毛穴パック

角栓がスッキリ取れて簡単にできる毛穴パックですが、こちらも使用された方もいると思います。パックを剥がすときに、皮ふが引っ張られる感覚、そして痛みを感じたことがある人はいると思います。
これは肌へのストレスがかかってしまい、パックにより肌が傷ついてしまっています。またパック後に正しいスキンケアをしなければ毛穴を広がらせてしまいます。

 

拭き取りクレンジング

ふき取る化粧落としは、こすれにより肌を弱めてしまうきっかけになります。またふき取るだけでは角栓の汚れも拭き取りきれません。

 

オイルクレンジング

オイルタイプのものは、詰まった角栓や汚れを浮かせて落とし切ることができません。そのため、小鼻の黒ずみを落とすのには不向きです。
また、洗浄力が肌に必要な皮脂まで落としてしまい、肌荒れの原因にもなります。

 

ピーリング

ピーリングが汚れや角質を取りのぞいてもらえますが、し過ぎには気を付ける必要があります。
週1回ほどの使用にし、毎日のクレンジング・洗顔で汚れをしっかり落とすことが大切です。

 

間違ったクレンジング方法とは

擦りすぎている

化粧の落とし残しは肌の調子が悪くなってしまうと思って、クレンジングで強く擦りすぎている方は居ないでしょうか?擦りすぎてしまうと、敏感な肌の方はすぐにひどい状態になってしまいます。化粧・毛穴の汚れは擦らずに浮かせて落とすのが約束です。

 

安いものを使っている

お得で安く買ったクレンジグは、肌に合わない石油系の界面活性剤を使用しているものがいっぱいあります。敏感肌の方は特に、刺激が強過ぎて肌の問題になるの確率が大いにあります。

 

正しいクレンジングの仕方をしないと

肌にいいクレンジングを購入したからと言って、効果の出ない使い方をしてしまうと毛穴の汚れは落とすことは不可能です。むしろ、毎日貯蓄されていってしまうのです。
毛穴の汚れが皮膚機能を低下、弾力性が失われていき、シミ・シワ・たるみのきっかけになります。日頃からクレンジングを行なっているのに、汚れを見て見ぬふりをしてしまっているなんて!

 

小鼻の黒ずみに効くクレンジング方法

これにはクレンジングがなくてはなりません。無理矢理毛穴の汚れを落とそうとすると逆効果で、肌を痛めつけてしまうのです。
毛穴の汚れをバッチリ落とすには。クレンジングを伸ばすことです。

 

手が温かい状態のほうが効果的です。入浴時に行うのであればそのままで大丈夫です。
オイルに関しては、肌に広げてはいけません。洗浄作用が強いので、肝心の肌の油分まで取り除いてしまうからです。必ず乳化させてから使いましょう。洗顔の泡ネットを活用すると簡単に乳化させることが出来ます。

 

人差し指を使い、小鼻の気になる黒ずみにくるくると優しく擦るように広げていきます。

 

正しい洗顔の方法

しっかり洗顔をすれば、美肌は保ちます。汚れが落ちていれば黒ずみなんて出来ません。洗顔には素早く落とすことが大切なのです。
いつまでもこすったり、洗浄が長時間だと肌に刺激をもたらししまいます。そんなやり方でやってしまうと肌トラブルとなってしまうのです。
素早く終わらせるには、洗顔前に手を洗いましょう。これをすることで、洗顔料の泡立ちが変わります。また汚れをしっかり綺麗にしてくれます。
人肌位のお湯で顔を洗い流し、軽く汚れを落とします。毛穴が開けて汚れが落ちやすい状態になるので。洗顔料を付けてからの時間が短縮します。
洗顔を2分以内に終えるようにすると、肌に負担を掛けずに綺麗にすることが出来るのです。

 

小鼻の黒ずみには蒸しタオルが効果的

小鼻の黒くなった部分には暖かい蒸しタオルが効果を発揮します。毛穴の汚れは日々蓄積されていきます。化粧の落とし忘れがあると油分が残ります。またほこりやあらゆる汚れを取り込んでしまいます。そこで分泌された皮脂が混じり合うことで、角栓ができるのです。
簡単な洗顔では、黒くなった部分の汚れはすぐに取り除かれません。角栓がかたくなって毛穴につまらせているからです。
蒸しタオルを使うと、肌が温まり、毛穴が当然のごとく開いてくれます。小鼻の汚れは自然に浮かびやすくなり、洗顔で落としやすくなります。
蒸しタオルをした際には、最後に毛穴を引き締めう必要があります。冷水で洗うのも適切だと思います。それから、化粧水を使用することにより、毛穴からの浸透はいい状態になります。汚れを取り除き、化粧水もしっかりすれば鼻の黒ずみは綺麗出来ます。

 

クレンジング後の保湿方法

クレンジング後の保湿方法を知っておくことで、小鼻の黒ずみも気にならなくなり美肌に仕上がっていきます。毛穴の化粧・油分・汚れをしっかり取り除いてくれるのがクレンジングです。クレンジングで汚れを取り除いた後は、とても余分なものが取れた状態です。
クレンジングは十分に油分・綺麗にしてくれるので、その後は、肌が水分が無くなっている状態であります。20秒以内に肌のケアをしてください。潤いが無くなった状態を水分で満たす必要があります。しっかり化粧水をたっぷり付けて下さい。
コットンに化粧水を含ませて、カサカサで心配なところにはパックも良いでしょう。黒くなった部分が気になるカ所があれば、ビタミンC誘導体の成分がある化粧水を使いうと効果を見せてくれます。潤いを十分に与えたら、乳液で油分を与えましょう。

 

クレンジング後の小鼻の黒ずみ対策

小鼻の黒ずみを対策をするには、洗顔後即、化粧水を塗ることです。冷水でせずに、指や手のひらを使って押し当てるように塗ることが大切です。
なぜ冷水でしないほうが良いのか、それは一時だけ毛穴が締まるだけだからです。その後はまた、開いてしまうので意味がないです。
そしてすぐに保湿をしてください。化粧水を塗ったら潤いが蒸発しないように、上から乳液または美容液を塗りましょう。カサカサを防ぐことがとても大切です。
皮ふが水分が無くなってしまうと、毛穴から必要以上に皮脂が分泌されてしまいます。まさにそれが黒くなった部分に結び付いてしまうことになるのです。

 

小鼻の黒ずみに悩んでいるならホットクレンジング!

クレンジングには乳液・クリーム・ジェル状のものからオイルタイプとありますが、私は化粧をし始めたころからオイル派でした。ときどき、ちょっとした気まぐれと物心で、他の形状のタイプを使ったことがあるのですが、オイルのときほど「すっきりメイクが落ちた!」と実感できず、結局オイルに戻す、それを繰り返していました。
ところが、友人の勧めもあって初めてまつ毛エクステにトライしたときに、「クレンジングのオイルはまつ毛まで取れてしまうから、使ってはだめ」と言われ、困ってしまいました。
そこで初めて、オイルではないクレンジングを使うことになったのです。

 

とはいえ、オイル以外のクレンジングに対するマイナスの印象はどうしても払拭せず、それ以外で何かないかとネットでいろいろ調べていたら、「頑固なメイクや皮脂の汚れ 天然ゲルでやさしくしっかり落とす!ゲルクレンジング」(サイトより転記)という文言に目が留まりました。
「天然ゲル」?
耳慣れない言葉。そして「ポリシー化粧品」というこれまた知らない名前。。。
界面活性剤を主原料にされるジェルに対し、ゲルは海藻・植物由来の天然素材をベースに作られたもので、それ自体に汚れを吸着させて落とすと説明があり、読む限りは悪いものではなさそう、、、
天然ゲルというのも、その化粧品名も初めて聞いたので、一瞬不安に感じましたが、「日本製」であること、そして、使ってみようと思ったのが9000円もする高価なものに関わらず、かなりの数の口コミと高評価が購入の決め手になりました。
実際使ってみて驚きました。一番心配したクレンジング力の弱さも杞憂に終わり、何より驚いたのが、肌が明るく、もっちりと落ち着くのです。クレンジングした後のお肌の状態が、潤うといいますか、とにかく今までのオイルクレンジングとは違うと感じたのです。
お値段の高さだけが本当にマイナス点ですが、使ってみる価値は十分にあるクレンジングだと思います。